空間情報研究室(佐田研究室)

交通システム工学科

研究内容

衛星測位システム

米国のGPSの他にロシアのGLONASS(グロナス)、わが国の準天頂衛星システムも研究対象としています。
自動車にアンテナ・受信機を搭載してキネマティック法で位置測定(20Hz、2cm精度)を行い、走行挙動の特性と道路線形の関係について研究しています。パーソナルトランスポーターの一つであるセグウエイの走行挙動についても実験を行っています。また、衛星測位の誤差要因であるマルチパスの影響を受ける電波を検知し、除去する研究も行っています。

  • GPS(静止)

3次元レーザースキャナ

3次元レーザースキャナはレーザーを使って建物や樹木などの地物の表面の形状を測る装置であり、周辺の地形を短時間に膨大な量の点群として測ることができます。
この装置を使って船橋キャンパスの3次元可視化モデルを作成しました。また、点群データを使って任意の場所での天空障害物図を作成し、測位衛星の可視・不可視を表現するシステムを研究しています。

  • 3Dレーザ

モバイルマッピングシステム(MMS)

モバイルマッピングシステム(Mobile Mapping System)とは車両で道路を走行しながら、道路舗装面や標識などの道路付帯物、沿道の建物などの形状を測定して地図や3次元モデルを作成するシステムです。
車両にはGPS、IMU(慣性航法装置)を装着して位置と方向を正確に測定すると同時に、デジタルビデオカメラや3次元レーザースキャナを搭載して道路面と沿道の地物を計測してデータ化します。学内の交通総合試験路などを利用して走行速度やGPS衛星の観測条件が道路面の形状測定精度に与える影響の研究などを行っています。また、道路の白線を抽出し道路線形を推定するなどの応用を研究しています。

  • MMS(計測画像)
  • MMS(機器)

距離画像センサ

距離画像センサとは画像内に写る対象物までの距離を画素毎にリアルタイムに計測する装置です。測定原理はTOF(Time-of-Flight)方式を用いており、距離画像センサの投光LEDから照射した照射光が対象物に反射して、CCDカメラに戻る時間までを計算し、対象物までの距離データと,反射の強さを示す反射強度データを出力します。
距離画像センサを用いて道路の交通流(台数、速度、車種)を測定するシステムの開発を行っています。本装置によれば、交通規制が不要となり,1台で2車線道路を計測する可能性があるため、交通流観測実験を通して,実用化に向けた研究を行っています。

  • 距離画像(機器)

一緒に研究しましょう!

研究風景

先端的な測量機やセンサを応用して位置や形状を計測・解析・可視化する研究であり、移動体(歩行者、車両)の測位や交通施設整備への応用を目指しています。

研究領域

GPS/GLONASS/準天頂衛星/レーザースキャナ/ICタグ/距離画像センサモバイルマッピングシステム

  • 空間情報研究室 facebookページ
  • 研究室紹介
ページの先頭に戻る