空間情報研究室(佐田研究室)

交通システム工学科

研究室紹介

空間情報研究室について

空間情報研究室では、衛星測位システム(GPS)、地理情報システム(GIS)、リモートセンシング(RS)などの技術をベースに、これらに共通する「ポジショニング」という概念を核として、交通・建設分野への応用を目指した研究活動を進めています。 先端的なセンサを応用して位置や形状を計測・解析・可視化する研究であり、移動体(歩行者、車両)の測位や交通施設整備への応用を目指しています。

GLONASSも研究対象

衛星測位に関してはGPSの他にロシアのGLONASS(グロナス)も研究対象としています。また、わが国が2010年9月に打ち上げた準天頂衛星初号機「みちびき」の高精度測位実験を民間では最初に実施しました。

レーザーを応用した遠隔計測技術として、車両にGPS とともに搭載して道路空間の形状を走行計測するモバイルマッピングシステム(MMS)の研究に取り組んでいます。道路の白線を抽出し道路線形を推定するなどの応用を研究しています。

  • MMSによる道路線形推定
  • 高精度GPSによる実験

一緒に研究しましょう!

研究風景

先端的な測量機やセンサを応用して位置や形状を計測・解析・可視化する研究であり、移動体(歩行者、車両)の測位や交通施設整備への応用を目指しています。

研究領域

GPS/GLONASS/準天頂衛星/レーザースキャナ/ICタグ/距離画像センサモバイルマッピングシステム

  • 空間情報研究室 facebookページ
  • 研究室紹介
ページの先頭に戻る